カテゴリ:編み物 >

指を怪我したのもあり、編んでるものがなかなか進まないのでしばらくは本レポが続くと思います、、本ばっかり見てるから進まないのですよね!!でも見てるのも楽しいからつい(T ^ T)

こないだ久々に、おばあちゃんがひとりで店番されてるご近所の古本屋さんに行ったらなんとなんと
Amazonで5000円とか法外な値段で取引されてるこの本が、、240円で置いてました


昔からほしい古本とか見つけるの上手だったんですよね〜ハッ、あるかも…みたいな予感がするんですよ。バザーとか蚤の市みたいなのとかは小まめにのぞくといいです◎
地方都市に出かけても古本屋古着屋古道具屋さんに顔出す癖があります。荷物が増えるのにね〜
最近じゃインターネットに頼りまくりますが。
それでも自分の納得できる値段じゃないと買えないですよね。。

では中身の紹介を。
掲載作家さんはなかなか豪華です。michiyoさん、風工房さん、そして三國万里子さん。他にも岡本啓子さんとか河合真弓さんとか、よく見る名前の作家さんが載ってます。
全部で26点、内、michiyoさんが7点、風工房さんが4点、三國さんが2点。数え間違ってたらゴメンナサイ(・・;)
2007年9月20日発行になってますね。
前回紹介した冬空にあうニット小物の更に1年前です。
編集には、三國さんをサルベージしたという 三角さんの名前がクレジットされてます。正確なことはわかりませんが、過去のインタビューなど見ても、時系列的に おそらくこの本が初仕事なのでは?
冬空にあう…とは違い、今回はハマナカの本ですね。また値段がお安くて840円プラス税。
通販の申し込みページがついてるのが時代を感じます。そんーーーなーーに昔じゃないはずなんだけどなあ〜

色は、全体的に灰色のものがおおいです。九割五分無彩色って感じです。(自分の中では茶色も紺色も無彩色にカウントされます)
というか彩度が低いって言えばいいのかな。。
本全体から、いかにも静かな冬の雪景色を感じます。

載ってるレシピについて
合同本(というのかな)にも関わらずほぼほぼ可愛いです。
というかたぶん、わたしがmichiyoさん風工房さん三國さんのデザイン好きだからかもしれないですが、
女の子っぽいデザインだけどデニムにも合うだろうなぁという感じ。
ベーシックを踏襲してるんだけどその人らしい手仕事。よ、よだれがでます。

これ編みたいわあと思ったやつ少しだけ紹介しておきます。

風工房さんのアランセーター
たっぷりしたセーターは目が行きます。

三國万里子さんの帽子

michiyoさんの帽子


編みたいのが増える一方で、、なかなか進みません、、のんびり編みます〜(T ^ T)指の病気も治さないといけないし(T ^ T)(T ^ T)
次は前に編んだセーターでも載せようかな。



三國万里子さんのレシピが載っていると聞きつけ購入してみました。



表紙の上品な写真の上品なミトンと、その兄弟分的なデザインの靴下と帽子の編み図が載っていました。おきゃわたんです(#^.^#)
でも苦手なメリヤスはぎがある…(´;ω;`)

三國さんのレシピが目当てで購入しましたが、実はこの号は家しごと特集ということで、個人的に当たりでした。
お上品な面々の日々の暮らしぶりが記事にされています。
それからフェルト作家さんのお話が興味深かったです。私も羊の里親になりたいです。。いつの日か、羊が飼えないかしらと、よくググっているのですが、まさか里親制度なんてのが存在するとはー!

東日本大震災前の雑誌なんだな〜と思ってしまいます。なんとなくだけどもなんだか前後でいろんなことが違う気がするので。震災前のことを思い出してムズムズします。


話が逸れました。
レシピはおきゃわたんだし内容も良かったのですが、ひとつ疑問に思うのは、メリヤスはぎって編むより難しいと思うのに、なんでメリヤスはぎの解説が少ないのだろー。
あと初心者向けのレシピでも、見かけたりするけどつまづくこと必至!な気がします(・・;)スヌードとかでまっすぐ編むだけ系に多い気がする。た、確かに編むのはまっすぐ編むだけだけど、、はぐんかいwってつっこみ入れてしまいます( T_T)\(^-^ )
わたしだけかな。
メリヤスはぎがあるだけで敬遠してしまう!!克服したいなー。時間とお金作って習いに行きたいです。上手くなりたいです。編むの遅い自覚あります、、

あとこのレシピ、使用糸が極太糸としか書かれてないからちょっと困ります。
g何メートルか書いてくれたらば、、
あと写真で見る限り極太に見えないから不安 三國さんで極太といえばブリティッシュエロイカさんでしょうか?ミニスポーツはチクチクしますからね(,,ԾਊԾ,,)(puppyの糸ならシェットランドかクイーンアニーが気持ちいいなー三國さんはミニスポーツとブリエロどう使い分けてるんだろ。)

ですです!

ロゴがニットになってます〜 ほっこり

載ってたコートが全部かわゆい。
欲しいけどお高いし昔の雑誌だから、手に入らないだろうなあ〜でもかわいいな〜ん

とまあこんなかんじでした。全体的に読み返せる濃いい内容だったと思います。

三國さんが載ってる雑誌はチョコチョコ集めてますので、チョコチョコレポートします。
気になってるけどどうなんだろうなと思ってる方の肩を押せるような記事を書けてたら嬉しいです。






はい!
買うまい。買うまいぞ〜〜〜〜と思っていたあの伝説の本を買ってしまいました。
いわゆる俺様価格で。。(定価の倍ぐらいだから、そこまでじゃないのかな…とおもいたい。。)

我らが三國万里子さんの作品は、ミトン、ベレー帽、ノルディック柄のニット帽、ブーティーの 4点とかなり少なめです。
ほとんどがパピー事業部のデザインの本。あとは遠藤ひろみさんの作品が4点。
発行はいまは亡き雄鶏社。発行日は2008年9月20日となってました。私、まだ高校生のころ。6年も前… 幼稚園児も中学生になれてしまうような年月が。。。。。うわー




話が逸れましたがその頃はもちろん編みものしたことも無かったので、雄鶏社のことも知りませんでしたが、とっても有名な会社だったみたいです。でも倒産してしまって、それまでの雄鶏社の本は図書館や、古本屋でしか目にかかれなくなってしまったようです。

当時は三國さんはまだ本も出されてなくて、今ほどの認知度ではなかったのかなと思われますが、今では編み物界のゴッド姉ちゃんザカリスマ大明神大権現みたいな存在でファンも多く、この冬空にあうニット小物に代表されるように、雄鶏社の本はあほみたいな値段でネット上では取引されていました。ヤフオクみてたら三千円〜五千円みたいな感じで 正直引きました。ゲッソリです。。でも買ってしまう人がいるくらい三國ファンは多いのですね。まあ私も倍の値段出してしまいましたから。さすがに2000円以上は出せませんでした。1910円でもゲッソリしました。。。誰かしばいて

表紙の写真のキャスケットに惹かれて、これが三國さんの作品かしらと思っていたのですが、これがなんとパピー事業部のデザインという。。ちなみに糸はパピー シェットランド。絶対かわいいやん(´;ω;`)しかし私には似合いそうにありません 断言できるワ…(´;ω;`)
写真じゃグレーに見えますがオリーブグリーンだそうです。ああもう絶対かわいい。。。。。。。今度編みたいです。

あとは裏表紙の三國さんデザインのミトン。これもパピー シェットランド。どんな配色でも可愛くできそうなデザインだなあと思います。女性はもちろん、配色の妙で 子どもでも大人の男性でも使いやすいデザインですね。ネイビー×差し色でおっきなミトン付けてる外人男性が簡単にイメージができます。うん。子ども用は、ポップな外国のお菓子みたいなカラーリングがいいですね。このままサイズダウンしただけでもいけますね。余り糸でお・そ・ろ・い(はーと)みたいな。妄想が広がりまくりますね。皆さん欲しくなってきましたかね?勢い、大事ですよね!!!!!レッツポチingですね。ぜひ。( ・∀・)っ密林


あと三國さんデザインのブーティーってのがあるんですが、それが靴底は革を縫い付ける チョットめずらしい仕様になってました。おきゃわたんですが、革たいへんそうだなー。。型紙はちゃんと付いてます。

遠藤ひろみさんのベスト。かわいーー



三國さんのベレー帽。三角さん似合いそう。。




ちなみに前の持ち主さんが編んだケープの糸のラベルと、何段目編んでるかメモと買い物メモが挟まってて癒されました。こういう楽しさがusedの良さだと思います〜

モデルさんが美しいし、スタイリストさんもファンがいるような有名な方のようで、写真も作品のイメージに沿っててこれで860円だから雄鶏社は潰れたんだろうなー
文●出版局さんなら1300円はするのでわ。。(しー)
どっちが良いとは一概には言えませんが、内容がいいなと思って納得してお金を出すんだから、あとは誤植が無ければそれでいいです。誤植が無ければ!!!

皆さんも欲しくなってポチッとしちゃえば良いとおもいます〜悪徳業者にはくれぐれもお気をつけて^^^
あ、あとよくわからない近所のちっさな古本屋とか行けば定価の半額以下とかで手に入ることもあると思います。気長に探すのも良いと思います。良き買い物ができ満足です( ^ω^ )




よかったらこっちもポチっていただければ此れ幸いであります( ^ω^ 三 ^ω^ )
 

↑このページのトップヘ